hatsusima.JPG

2007年07月18日

地蔵ウォーカー(5)保存版

@しんえいの住む足柄の山里には、
まだ、辛うじて“念仏講”というコアーな集まりが残っています。
お年寄り(♀)が集まり、るんるんチンチンチン〜るんるんチンチンチン〜と
鐘を叩きながら、皆で仏さんの歌を歌います。(10年位前までは、地域のお葬式や初七日に、この方達の出番があったのですが、今ではそれもなくなっているようです。)

地蔵ウォーカー(5)心のふるさと探訪in足柄

心のふるさと@

おばあさん達のお楽しみサークル“お念仏”が、田舎と言われる南足柄でも多くの地区で消滅してしまったようです。近い将来、「弘西寺地区も苅野地区も無くなってしまうのかナア〜」と・・・
残念だな〜〜、でも、しょうがないよな〜 と感じていました。
DSC03243.JPG DSC05166.JPG
初回(1999年)の地蔵まつりの時に、弘西寺地区・苅野地区の念仏講のおばあさん達に「お祭の時にお念仏やってもらえますか?」と頼んだら、即OKしてくれて、それから9年間、腰を曲げながら・・・、足を引きずりながら・・・、欠かさずに来てくれています。
ただ、弘西寺と苅野、隣同士の地区ですが、るんるんるんるんが違って合わないとのことでパンチどんっ(衝撃)、2回目からは、それぞれ別々に・・・がく〜(落胆した顔)

お弁当手配のため、今年の出席者を確認すると「近い将来、無くなってしまう。」と思っていた念仏講の人達の数が年々増えているじゃありませんか!
ひらめき「アレ〜〜どうして〜」聞いてみると、
わーい(嬉しい顔)「若い人(当然、60は超えてます)が入ってくれたのよ。」と嬉しそうに話してくれました。
このお祭り、伝統文化の継承に少しは役立っているんじゃないかな〜

お念仏の美しい音色は

苅野念仏講、12:00〜13:00

弘西寺念仏講、15:00〜16:00

聞き比べも面白いかもexclamation&question地蔵堂にて手(チョキ)わーい(嬉しい顔)



心のふるさとAは、以前にご紹介した 次項有 足柄囃子!

足柄囃子保存会・子ども会もお祭を盛り上げてくれています。
子ども会による太鼓の晴れ舞台は、本来は3年に一度回ってくる足柄神社の大祭での山車巡行です。しかしながら3年に一度の出番だと子ども達のモチベーションは持続できません。そこにぴかぴか(新しい)地蔵まつりの登場ぴかぴか(新しい)
最近では毎年で叩くことができるので、子ども達の腕も上がっていると信じています。(ちっ(怒った顔)他の子ども会に比べると根性不足で情けないのですが、、)
DSC03248.JPG
不埒なウチの子達は、カブト虫の行方やKIDSフリマの掘り出し物が気になってしまい、この太鼓演奏と法要への参加で時間をとられてしまうのが厭なようです。情けないふらふら
IMG_1157.JPG

太鼓演奏は本堂特設ステージで

子ども会 が、12:45〜13:30

保 存 会 が、14:30〜15:15 見逃せませんよexclamation×2

DSC05156.JPG DSC01486.JPG


明日は、soon知って得する!カブト虫ゲット丸秘講座たらーっ(汗) あまり人に教えないでねわーい(嬉しい顔)
posted by @しんえい at 22:40| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) |  JIZO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48385256

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。