hatsusima.JPG

2007年07月18日

地蔵ウォーカー(4)−2 昨日の続き

昨日のブログ
格安Aで紹介したクイズラリー
Dsc03267.jpg Dsc03308.jpg

 ここ数年の出題傾向を分析して、今年の予想問題をやってみましょう!
(答えが間違っててもお菓子はもらえます。わーい(嬉しい顔)

初級編
 このおてらのおじぞうさんは、たっていますか?すわっていますか?二択
 このおてらにいちばんちかいバスていはどこでしょう? 三択
 ・・・

中級編
 今日、野菜を売っているおじさん達は?(三択)ゴールド・シルバー・グッドウィル
 このお寺の正式名は? 法○山 弘済寺   ○に字を・・
 ・・・

上級編
 この地蔵菩薩は○○時代の作です。(三択)  鎌倉・東京・横浜
 本堂前にいる弘法大師のもとの名前は?(三択)空海・最澄・日蓮
 ・・・

大人編
 弘法大師(空海)が修行の道場として開いた山は?(三択)大雄山・富士山・高野山
 ・・・


 皆さん、分かりましたか?子ども達には少し難しいかもしれませんが、このブログで予習しておけば傾向と対策は大丈夫!
全問正解を目指して Let's go!
Img_1155.jpg
↑↑ヒントは、境内に隠れてます!
(くれぐれも忘れてはいけないのは、クイズラリーが終わってお菓子が貰えるのは先着200名ですからね)

 大人編のクイズをクリアした方には、@しんえい住職が力を入れて書いた解答をお配りします。
 上の例題の場合は・・・
  
高野山(こうやさん)(和歌山県)
高野山は、およそ1200年前に、弘法大師(空海)によって開かれた真言密教の修行道場であり、真言宗の総本山の一つです。標高およそ800m。山の上の盆地に、壇上(だんじょう)伽藍(がらん)と称する聖地があります。そこには、さまざまなお堂や塔が立ち並び、 仏像や曼陀羅(まんだら)が参拝者を迎えます。
 また、うっそうと杉の樹の茂る奥の院は、承和2年(835年)3月21日に弘法大師が入定(にゅうじょう)(真言宗では弘法大師は生きたまま定に入ったとされており、入滅という言葉は使わず入定としています。)された地として、現在でもあらゆる宗派の方が訪れ手を合わせております。

○○○ 山号・寺号・院号 ○○○
日本のお寺は山号、寺号、院号といって三つの種類の名前が組み合わさっていることが多いのです。南足柄市内でも山号で呼ばれるお寺(大雄山)、寺号で呼ばれるお寺、院号で呼ばれるお寺があるのは皆さんご存知だと思います。
寺院の大小を問わず殆どのお寺は山号と言うものがあります。今回のクイズラリーの設問、高野山金剛峯寺や大雄山最乗寺。山号が寺号より有名なお寺には比叡山延暦寺、成田山新勝寺、身延山久遠寺などがあります。 東京の浅草寺は金龍山。東西両本願寺ともに、大谷山・龍谷山と山号があります。山号寺号より院号が通称となっているお寺としては平等院、三千院、知恩院などが有名です。ちなみに弘済寺の山号は法雨山、院号は金剛幢院といいます。
どこの寺院でも三つの呼び方の中で一番親しまれた呼び方が通称になり、現在の名前になっているようです。
山でないのに山号があるのはおかしいと思われるかもしれませんが、これは中国の禅宗などの寺院制度にその由来があるといいます。中国では、はじめ寺は山中に建てられ、その所在地の山の名が山号の始まりで、後に平地に建てられた寺にも山号がつけられるようになりました。そんなことからか中国禅宗以前の奈良時代に建立された法隆寺や唐招提寺などの南都七大寺には、山号がありません。
 皆さんの近所のお寺や菩提寺について三つ(二つの所もあります)の種類の名前を調べてみてはいかかですか?


 おやブロ読者の方も疲れてきた頃と思いますが、「地蔵ウォーカー(保存版)」あと4日間、お付き合い下さい。ふらふら

posted by @しんえい at 18:00| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) |  JIZO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほとんどのお寺に山号があるなんて知りませんでした
でも よく見れば00山 とか△△院とかついているのに 注意を払わず 見過ごしていました
鎌倉とか古寺めぐりが好きなので 今度はそちらに注目すると 本当にもっと楽しくなりそうです
Posted by まりっぺ at 2007年07月19日 08:35
焼きそば担当は中学生に任せて、大人編参加したいです〜う!そんで〜しんえい住職手書きのありがたい解答ゲットだぜ!

ですから、前夜祭の般若湯はくれぐれも升々にいたします。
Posted by トールクルーズ at 2007年07月19日 15:51
まりっぺさん
面白いよ〜、その○○山にも由来や意味があったりして!
我が寺の山号「法雨山」は、
仏法の甘露の雨が降り注ぐ山ですのが、
住職の力不足で“ザーザー”とは降らず“シトシト”と降らせています。

Posted by @しんえい at 2007年07月19日 18:15
トールクルーズさん
中学生10名引き連れての前泊参加!
感謝・感謝・感謝です。
前夜祭の大バーベキューパーティ
今から楽しみです。
“升々”は“少々”の誤変換?
それとも、そのまま読むの〜〜
こわーー!
Posted by @しんえい at 2007年07月19日 18:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48295474

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。