hatsusima.JPG

2011年07月27日

地蔵まつり 復興成る!

DSC05798.JPG

=== 弘済寺 地蔵まつり ===
7月23日(土)16:00〜21:00 

当山、大地蔵菩薩様のご加護により、また檀信徒及び地域の皆様のご協力で、
今年も素晴らしいお祭りになりましたことをご報告します。

平成9年、先代真海和尚が遷化され、、
寺宝やら遺品の整理やらをしていた時に見つけた先代の日記本
今でこそブログなどがあって、日記を多くの人に読んでもらうつもりで書いていますが
当時の日記は、おそらく誰にも見せるつもりはないものだったのでしょうね・・・
戦後から平成8年までの、、それはそれは膨大な量exclamation
また、本人が生きている時には読んではいけないような内容どんっ(衝撃)もあったりして・・・がく〜(落胆した顔)

そんな日記の毎年の7月23日には、、
賑やかだった頃の地蔵まつりの様子(ご祝儀の総額、法要の次第やら、青年団の素人芝居の演目や子ども相撲の優勝者名など)が書かれていました。
それが、なぜか昭和40年代の後半から様子が変わってきました。

うろ覚えですが、、、こんな感じでした左斜め下
昭和45年・・・今年は、子ども相撲を止めた。
昭和46年・・・20人しか来なかった。
昭和47年・・・3人しかお参りがなかった。
昭和48年・・・誰も来なかった。
昭和49年・・・お祭りを止める。

おそらく日本中、同じような状況でしょうが
元々、おじぞうさんのおまつりは、
寺の行事ではなく(檀信徒とは関係なく)、地域の人がお地蔵さんの恩徳に集う“村”のお祭りでした。
それが昭和40年代から段々と、行政主導の自治会がしっかりと組織され
自治会主催の夏祭りが、場所を寺から公民館へ移し
祭る対象のない祭り(=納涼会)が「夏祭り」と呼ばれて、執り行われているわけです。
本尊様をお守りする住職としては寂しい限りです・・・

@しんえい、
住職になって一番目の誓願は、地蔵まつりの復興でした!
昔の賑わいを今に・・・
「子どもも大人も当たり前のようにお寺に集えるように」
「祭りには祭る対象が必要!」
もう一つ、大きい声では言えないが
「他のお寺、他の宗教に負けない寺にするぞーー」と

平成11年から、、、今年で13回目
地域にも認められ、ライバル?の「自治会夏祭り」も、
今年は当初の日程(7/23 第4土曜日)を第5土曜にずらしてくれるようになりました手(チョキ)わーい(嬉しい顔)
自治会夏祭りと地蔵まつり、、どちらも同じ時期に近くでやるイベントですが、
これからも意味合いの違う祭りとして共存していきましょうね揺れるハート

5年〜6年くらいでは、まだまだでしょうが、、
13年続いたら、、
そろそろ『復興成る!』と言ってもいいかな〜


posted by @しんえい at 07:48| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) |  JIZO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
誓願成就。
復興
おめでとうございます!

凄い歴史があるんですね。
先代もお喜びのことでしょう。

いつか一度ふらっと訪ねてみたいです。
Posted by ひげおやじ at 2011年07月27日 19:11
ひげおやじさん
ありがとうございます!
復興しましたよね

先代が知ったら
「真永、よくやったな」って言ってくれるよね

そんな気がします...
Posted by @しんえい at 2011年07月27日 23:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/216994038
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。