hatsusima.JPG

2001年07月23日

地蔵祭祈願文

      地 蔵 祭 祈 願 文

 謹み敬って真言教主大日如来両部界会諸尊聖衆殊に別しては本尊聖者六道能化の大菩薩、子安子育地蔵尊並びに尽空法界一切の三宝の境界に白して言く。
夫れ以れば、親となり子となること、先の世の契り浅からず。我が子の成長を見るにつけ、あるいは悦び、あるいは憂ひ、常にその行く末を案ずるは、世の古今を問はず父母の行いなり。
さて以るに地蔵大菩薩は、内には菩薩の行を秘し外には比丘形を現じ、左手に宝珠を持し右手に錫杖を執持する。此の地蔵大菩薩は釈尊の付嘱を蒙りて弥勒菩薩の下生まで六道の衆生を教化する大慈大悲の菩薩にして現世に福利を得、後生には極楽に生ぜん。然るにオンカカカビサンマエイソワカの真言を誦持する者は人供を受けて罪なし、輪王宝を具足す。常に地蔵を見る者は定業の報いを受けず、常に地蔵を聞く者は百万病に染まず。根本の印を結誦する者は速やかに無上道を得ると。
かえりみるに一昨年、現住真永並びに檀信徒一丸となり、半世紀に亘り途絶えていた、当山地蔵まつりを復興する。そして本日茲に再び有縁の浄侶檀信徒集ひ来りて、真言を誦じ梵唄を奏して仏徳を讃仰し弘済の誓願にとりすがらんとす。仰ぎ願わくば経軌の御本誓を廻らして倍々威光を増長し奉讃賛同者を始めとして六道の衆生摂化の大利益を垂れ玉い、本日参詣の子等の障りなき生育を祝ひ、感謝し、益々身心安らかにして、成長健やかならん事を。
 重ねて請うは各家先祖精霊成三菩提、別しては、本日参詣の各家、家内安全、福徳円満、息災延命、現世安穏、心願成就、世界平和、興隆仏法の諸願を満足せん事を。 乃至法界平等利益。

    平成十三年七月二十三日
        法 雨 山 金 剛 幢 院 真 永 敬 白
posted by @しんえい at 14:40| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) |  JIZO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。