hatsusima.JPG

2009年07月29日

お祭り復興への思い

IMGP1986.JPG

私が弘済寺に入った頃(20年ぐらい前)、
年配の方から、その頃途絶えていた“お地蔵さんのお祭り”の話をよく聞かされました。

向田のおばあさん談
 戦前は“お地蔵さんのお祭り”に親戚の家(本家)に泊まり込みでお参りに来ていて、
当時はこの祭りの事(本家に挨拶に来る事?)を『生き御霊(いきみたま)』って呼んでいた事や
青年団の素人演芸が下品で面白く大笑いした事わーい(嬉しい顔)などを話してくれました。

地元(弘西寺)のおじさん談
 弘西寺地区だけではなく、福泉・雨坪・関本などそれぞれの地区のお祭りで子ども相撲大会があり、懸賞稼ぎで各地のお祭りを荒らし回った自慢話や懸賞のお米有料を獲得しお袋さんが大喜びしたこと、家が貧しく祝儀を出せないのがかっこ悪くて、自分のおこづかいを親父の名前を書いた祝儀袋に入れてもうやだ〜(悲しい顔)・・・などなど

子どもの頃のお寺のお祭りの事を、70歳になっても、90歳になっても、、
ぴかぴか(新しい)キラキラした思い出ぴかぴか(新しい)として、、、懐かしそうに話してくれました。

@しんえい、こんな話を聞いてこのお祭りを復興しない訳にいきませんでした。
ゲーム漬の子ども達におじぞうさんのご加護を・・・
昭和40年代中頃から30年もの間、途絶えてしまっていた地蔵まつり
平成11年に復興してから、、今年で11回目ですexclamation


 【地蔵まつりレポートB】 田舎ならではの世代交流が繰り広げられる境内

IMGP1914.JPG IMGP2020.JPG
1年生はココで太鼓デビュー / 足柄囃子保存会の元若妻さん達

IMGP1908.JPG DSC04167.JPG
どこの地区も後継者不足で消滅している念仏講ですが、
がく〜(落胆した顔)なんと弘西寺地区は増えていますグッド(上向き矢印) 凄い!

DSC04182.JPG
DSC04184.JPG
地蔵尊法要 法螺貝が鳴り響く中、イケ僧軍団が渾身の読経
山主@しんえいが、次項有 地蔵祭祈願文 を

IMGP1934.JPGIMGP1946.JPGIMGP1998.JPGDSC04128.JPG
10年前は子どもだけだったお祭りも、今では幅広い世代が集まるように、、、
赤ちゃん抱いてるお二人、10年前は(当時中学生)フリマで参加して
くれたんですよ〜

IMGP1999.JPG
坊さん達、
控え室がなくて、、こんなところに、、、ゴメンナサイふらふら


posted by @しんえい at 20:00| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) |  JIZO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「復興」と一言で言いますが、
その意志の強さと努力の継続は
語り尽くせないものだと思います。
素晴らしい!
いつか機会があれば
私もお邪魔したいものです。
Posted by ひげおやじ at 2009年07月30日 06:10
ひげおやじさん
暖かいお言葉、励みになります!
10年区切りでいくと
新たな10年が始まりました。

このまま、突き進みます

Posted by @しんえい at 2009年07月30日 20:29
本当に素晴らしいですね
受け継いで守っていくだけでも大変なことを
復興され 若者たちが集まってくるなんて

日本中のお寺さんがうらやましがるのではないでしょうか
頑張って守り抜いてくださいね

Posted by まりっぺ at 2009年07月31日 06:22
まりっぺさん
嬉しいお言葉ありがとうございます。
これも継続の成せる技
これからが正念場ですね
Posted by @しんえい at 2009年08月01日 12:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。